ランダムワードライティング

3つの単語 短い話

これからのことについて

 

福岡の子はよく「怖い」という言葉を口にする。

 

二人の関係性に対する不安の言葉だ。

 

例えばそれが、会えない期間や、関係がうまくいっていない時期に発せられるのだとしたらまだ僕にもなんとなく気持ちがわかる。でも、彼女がそのような不安を口にするのは決まって、二人の関係がうまくいっている時、恋人同士が醸し出すあの独特の、甘い雰囲気のさなかだ。だから僕は混乱する。うまくいきすぎているのが怖い、と彼女は言う。僕にはよくわからない。

 

いったい何が不安だというのか? こんなにもうまくいっているのだというのに。

 

その言葉の真意をそれとなく彼女に尋ねてみても、いつだって彼女は曖昧にごまかして、うやむやのままになってしまう。僕は次第に、彼女の発する「怖い」という言葉を怖れるようになった。

 

あなたが怖いと言うことが、僕は怖い。

 

彼女の肌に触れる。僕は唇を重ねる。笑顔で見つめ合う。でもその次の瞬間、彼女の口からまた不安の言葉が出るのではないかと、僕の笑顔はほんのわずか、ぎこちなくなる。

 

先週の日曜日、僕たちは外出をした。電車で二時間ぐらいかけて、少し遠くまで遊びに行った。とても楽しかった。彼女もとても楽しそうだった。僕たちはどんどん仲良くなっていく。昨日よりも今日、今日よりも明日、僕は福岡の子のことをより深く知る。彼女にもまた、同じように知ってほしいと思う。

 

その日、僕を見る彼女の目が、いつも以上にきらきらと光り輝いていた。

 

こういうことを言うのは恥ずかしいけれど、たぶん、僕のことを好きな気持ちが溢れていたのだと思う。言動の端々からそれを感じ取ることができた。僕はそれをとても嬉しく思った。なぜなら、僕もまた、彼女のことを好きな気持ちが溢れていたからだ。

 

夜が深まり、僕たちは愛し合うための準備をし始めた。

 

ところが、そこで予期しなかったことが起きた。

 

僕が彼女の服を脱がせようとした時、彼女が突然、前述した「怖い」発言をし始めたのだ。

 

僕はぎくりとして、彼女の下着にかけた手を止めた。

 

「なにが怖いの?」詰問するような強い口調にならないように、できうる限りの穏やかなトーンで僕は尋ねた。福岡の子はいつものように、「うーんw なんかね、よくわからんのやけど。なんやろ、私の中でもまとまっとらんけんねw」とはぐらかそうとする。いつもならばそのままうやむやにしてスルーしてしまっていた場面だったけれど、僕は、その真意をしっかりと確かめなければならないと思った。彼女になにか思うところがあるのならば、僕はそれをちゃんと聞いて、受け止めてあげなければいけない。

 

「怖いっていうのは、要するに、将来のこと?」僕が尋ねる。福岡の子がうなずく。しかし、具体的なことは話そうとしない。なかなか真意がつかめないまま、話がわきにそれていく。彼女の頭の中で話がまとまっていないというのは、どうやら本当のようだ。彼女の曖昧な言葉を、僕が要約して整理し、時に推測を交えて、まとめていく。彼女は「そうそう」と、段々と納得し始める。

 

彼女との間では、「結婚」という言葉をなるべく使わないようにしていた。

 

離婚経験について、話すのが怖かったからだ。

 

でもその日の夜、「結婚」という言葉を使わずに話を進めることは不可能だった。僕は思い切って、彼女の言いたいであろうことを言った。「つまり、この先二人の関係が進展していって、同棲して、結婚して、っていう流れが怖いっていうことなんだね?」僕は尋ねた。福岡の子は深くうなずいた。彼女が言いたかったけれど、でも言いづらそうにしていたのは、つまりそういうことだったのだ。

 

彼女は、結婚をしたくないのだと言う。

 

そして、それを僕に言うことで、嫌われるのではないかと思っていたらしい。

 

正直、意外だった。一般的に言って、男性よりも女性の方が結婚願望が強いことが多い(もちろん、それはあくまでもそういう傾向があるということであって、例外はいくらでもあるし、どちらが悪いという話でもない。)。福岡の子は、僕が早く福岡に住みたいとよく言ったり、一緒に住みたいと言っていたから、それを結婚願望だと早とちりしていたらしい。

 

彼女の家庭は両親が仲良くなかった(過去形なのは、お父さんが亡くなっているから。)。だから、家庭というものにそもそも憧れや希望を抱いていない。

 

彼女の思想の根幹を成すのは、「諸行無常感」だ。いつまでも続くものなどない。全てのものはいつか消えてしまう。それは人間同士の気持ちについても同じこと。だから、彼女にとって「結婚」という制度は少し重すぎる。結婚という重い契約を交わす必要はない。軽い関係でいたい(ここで彼女の言う「軽い」というのは、「軽薄」という意味ではなく、「軽やかな」という意味だ。)。それらが、彼女の考え方の主旨だ。

 

ある時、彼女が友人に「結婚したとしても、一緒に住む必要はないよね。例えば同じマンションの、別の部屋に住んだりしたい。私はそういう風がいい」という話をしたら、ドン引きされたことがあるそうだ。だから、そういう考え方は一般的に受け入れられにくいものだと知って、それ以来、彼女は自分の結婚観のようなものを人に話しづらくなってしまったそうだ。

 

彼女の話を聞いて、僕は勇気を出して自分の考え方を話した。

 

自分も多くの部分で彼女の考え方に賛同できること。それは離婚経験が大きく影響していること。結婚制度に対する疑問を自分も持っていること。愛の形には色々なパターンがあること。好きな人と一緒に居続けることに、結婚という制度は必須ではないこと。また、諸外国の事実婚婚外子の多さについて。

 

それから、結婚してもしなくても、僕はあなたとこれからも一緒にいたいのだということについて。

 

福岡の子は、離婚の話もしっかりと聞いてくれた。バツイチであるということが、彼女との将来を考えるにあたって障壁になるのではないか、と僕が思っていたことを話したら、彼女は「私としてはむしろ、一回そういう経験がある方が心強いというか、逆に経験値があっていいと思う。私は全然気にしない」と言ってくれた。それを聞いて僕は涙が出そうになってしまった。かなりぎりぎりのところでとどめたけど。

 

お互い、彼女は僕が結婚したがっていると思っていたし、僕は彼女が結婚したがっていると思っていた(最近彼女の友人たちが結婚ラッシュだったので余計に)。でも、それは勘違いだったことがわかったし、二人の将来について、軸の部分で意見が一致したのは僕たちにとってとても大きなことであるような気がする。時代が徐々に変化してきたとはいえ、前述したような考え方をする人はマイノリティだ。だからこそ、同じような考えを持った福岡の子と出会えて、こうして付き合いを続けられているというのはすごく幸運なことなのだと思う。嬉しかった。率直に言って、めちゃくちゃ嬉しかった。

 

もちろん、彼女はまだ若いし、実感がないだけなのかもしれない。数年すれば考え方も変わって結婚したくなるかもしれない。

 

それならば、それでいいと僕は思う。

 

その時になったらまた、この前のように話し合えばいい。そしてお互いにとってベストな形を模索していけばいい。

 

話は一時間以上にも及んだ。最後の方に僕が、「とりあえず今のところは、『好きだから会いに行く』っていうシンプルな感じでいいんじゃない」と言うと、福岡の子はにこっと笑って、「そうね。それがよか」と言った。

 

それから、僕たちは途切れた行為の続きをした。

 

名古屋市と福岡市は直線距離で、600キロもの隔たりがある。簡単に会いに行ける距離ではないし、会えない期間、お互いが何をしているかなんて本当のところはわからない。

 

僕は福岡に移住するかもしれない。彼女と結婚するかもしれない。しないかもしれない。離れ離れで暮らして、内縁の関係になるかもしれない。子どもが生まれるかもしれない。結婚をしないことで、様々な困難があるかもしれない。それが原因で、いつか、離れ離れになるかもしれない。

 

福岡の子は、すごく優しい子だけど、とてもドライなところがある。世間一般に溢れている「永遠の愛を誓う」なんていう類の言葉が、嘘っぱちであることを、彼女はよく知っている。だから彼女は、「ずっと続くことなんてないけんね、将来どうなるかわからんし。でも、とりあえず、好きな間は、一緒にいたい。それがずっと続けば、それはそれでいい。私はそう思っとる」と言った。

 

とても長くなりましたが、以上がこの前あった「大事な出来事」の大筋です。別にこんなことをいちいち長文で報告する必要なんてないんですけど、以前からツイッターのみなさんには僕たちのことを応援していただいて、時には面白がってもらって、見守っていただいているので、大事なことは言っておかなければな、と思ったのと、あとは文章化することで自分の中で整理できるかな、と思って書いてみました。

 

これからどうなるかわかりませんが、今回の出来事で、彼女に対する気持ちがより強いものになりました。

 

これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。