読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランダムワードライティング

3つの単語 短い話

柑橘系 紙一重 ローストチキン

 夏になると柑橘系の果汁を凍らせて、それを冷やした赤ワインに入れて飲むんです。季節のフルーツ、例えばサクランボだとかマンゴーだとかスイカだとか、そういうものを入れると見た目も可愛くてオシャレだし、自分の家で簡単にできるので毎日のように作っていますね。一日中撮影をしてクタクタになった日なんかには、そういう癒やしの要素があると嬉しくなります。ただ、飲み過ぎには注意が必要ですよ。甘くておいしいのでごくごくと飲めるんですが、ワインってけっこうアルコール度数が高いので。そうなんですよ。あとは、そうだな、呑み鳥にも気を付けないといけないかもしれない。特に夏の季節だと、窓、開けてることも多いでしょう? そういう時に呑み鳥がやってくるんです。知ってます? 呑み鳥。くちばしが細くて、長いんです。それをストローみたいにして、人間の飲むアルコールを横取りしていく。とにかくすごーく長いから、窓のサッシのところから部屋の中まで十分に届いちゃうんです。だから、よそ見していると、グラスが空、なんてこともありましたよ。実際、私も。でも最近は私も学習しましたから、そういうことはめったにありません。年の功というやつですかね。やだわね、本当に。でもこの前、つい3日前かな? 家で飲んでいたら、うとうとしてきちゃって。ソファでまどろんでいたら、ふと、目の前に長い棒みたいなものがゆらゆら揺れているんです。私は、はっ、と目を覚まして、窓の方を見ました。そうしたら、やっぱり、いるんです。呑み鳥が。いや、本当に紙一重でしたよ。もう少しで全部飲まれてしまうところでした。私は慌てて呑み鳥のくちばし、本当にね、ストローにそっくりなんですよ、それをね、手で掴んで、ぐいっと折り曲げてやりました。そうしたら呑み鳥、ギエェーって悲鳴を上げながら飛んでいきました。人間をなめるなよ、って感じですよね。ふふ。だから、何の話でしたっけ? ああ、そうそう。「ベテラン女優に聴く 大人のアルコール オトナルコール特集」でしたよね。ええ、家でもよく飲みますけどね。もちろん外で飲むことも多いですよ。この前はジビエ料理っていうんですか。そういうワイルドな料理を出す店にスタッフと行きましてね。やっぱり美味しいお酒は美味しい料理と一緒にいただくに限ります。その日はたしか、イノシシとかカモとか、シカとかウサギなんかも出ましたね。あとは、呑み鳥のローストチキン。ん? 呑み鳥が食用なの、ご存知ないですか? ええ、これが美味しいんですよ。普段アルコールを盗み飲みされた仕返しとばかりにね、肉を食ってやるんですよ。はは。野蛮ですかね、こんなこと言って。でもこれが本当に美味しくて。アルコールによく合うんです。呑み鳥はアルコール飲料を常飲しているから血液がアルコールでできていて、だからアルコールと合うんだってシェフの方は言ってましたけど、なんだか嘘くさい話ですよね。ははは。可笑しい。あ、これで終わりですか? こんなくだらない話でよかったですか? いえいえ、こちらこそ、どうもありがとうございました。楽しかったです。はい、じゃあ、お仕事はここで終わり、ということで。早速いきましょうか。皆さんグラスは持ちました? では、このインタビューがいいものになりますように。乾杯。