読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランダムワードライティング

3つの単語 短い話

同情 エレベーター 二択

 「もう少し同情してくれてもいいんじゃないか」ヤマアラシは背中の針を逆立てながら文句を言った。僕はその針に指先で触れた。血が流れた。膨れ上がる血溜まりが星々を反射して、僕はあまりの眩しさに目がくらんだ。昨日、ヤマアラシの最愛の妹が死んだ。彼の妹はエレベーターのドアに挟まれたまま、停止することを忘れた鋼鉄の箱は殺戮マシンと化した。酷い死に方だ。正直に言えば、僕は彼の想像するよりずっと、彼に対して同情の念を抱いていたと思う。伝えるのが下手なだけだった。「いいかい。これだけは忘れないでいてほしいんだ」僕たちは赤信号で止まった。「僕にできることがあるのならば、何でも言ってくれ」真夜中の商店街は荒廃した未来都市で流行する感染症治療のための無菌室みたいに見えた。ヤマアラシは信号を無視して歩き出した。それから道路の真ん中に寝転んだ。「よせよ!危ないぜ!」僕は大声で叫んだ。ヤマアラシは笑った。「どうせ車なんて来やしないさ」確かに、これまでも、これからも、車なんて一台たりとも目にしたくはない気分だった。街は寝静まっていた。道路を挟んだ向かい側の歩道には、帰る家の場所を忘れてしまった亡霊が右往左往していた。ビルの8階にあるダンスホールの窓ガラスが割れた。緑色をしたドライマティーニの瓶が弧を描いた。月の光に照らされたエメラルドのガラス瓶はスローモーションで回転しながら、寝転がるヤマアラシのすぐそばに落ちた。けたたましい音を立てて瓶が割れ、中身が四方に飛び散った。「俺はこの先、どうやって生きていけばいい?」ヤマアラシが叫んだ。彼の感情は白い息の塊となって、新たなる哀しみの零度を作り出した。妹の葬式には親族も、友人も、誰ひとりとしてやってこなかった。寂しい葬式だった。「二択だ」僕は答えた。「この街を出ていくか、それとも、このままとどまるか。どっちにするんだ?」ヤマアラシは起き上がって、表情のない顔で僕を見た。「さあ。わからないね」ヤマアラシは体についた小石を払い、歩き出した。マティーニの乾いた香りが真冬の夜に溶け合っていた。僕は走って彼に追いつき、その肩をそっと抱いた。