ランダムワードライティング

3つの単語 短い話

市場 空き巣 国王

 市場に人が溢れ返る。すれ違うことすらままならない狭い通りを、僕は進んでいく。リンゴ売り、魚の内臓、動物の皮、砂埃が立ち、視界が白黒のノイズに遮られた。小さな竜巻が起こった。小屋の骨組みがぐらついて商店主たちが慌てふためく。人々はみな一様に暗い顔つきで、金銭のやり取りをしている。南国産の甘い果物を受け取った老婆がしばらくの間それをじっと見つめている。頭上でカラスの目が光った。近くにいた色黒の少年があっ、と声を上げた瞬間、カラスが急降下して老婆の手から果物を奪った。くちばしが果物の皮に刺さった時、果汁が老婆の顎に飛び散った。老婆は腰を抜かしてその場に転がった。果物屋の主人は悲しげな顔で肩をすくめる。暑い。最高気温摂氏48℃を記録した、まさにその日の朝、確かに僕はベランダで凍えながらホットミルクを飲んでいたはずだった。家を出て、市場にたどり着くまでの記憶が抜け落ちている。思い出そうとすると頭が痛んだ。僕は市場を北に進む。恋人が空き巣に入られたのだと電話をかけてきたのは、昨日の深夜だった。台風が上陸していたような気もするが、定かではない。電話越しに窓ガラスの揺れる音が聞こえた。「盗まれたのは私の体で、その他は全て無事だったわ。つまり、私の心さえも」恋人は言った。僕はその言葉の意味を未だにはかりかねている。市場を抜けなければ恋人の家にたどり着けないことを、僕は鬱陶しく思っている。気温は数分ごとに1℃ずつ上昇しているのだが、なぜそれがわかるのかというと、州政府が各自治体に設置されたスピーカーからその推移を報告するよう義務付けているからだ。あちこちで悲鳴が聞こえる。女が犯されている。男は背骨を砕かれる。男でも女でもないものは、そもそも処刑されるためこの地域には存在しない。全ては国王の横暴であったが、独裁体制を覆せるほどの軍力を持った組織は先日疫病の流行により全滅してしまった。人々は絶望している。海に囲まれたこの島には閉塞感で満ち溢れていた。島の周囲には海賊がうようよいる。海賊は空腹を抱えた狼のように飢えている。彼らに捕まったら最後、何もかもを奪われてしまう。「心さえもね」恋人が笑った。恋人との性行為の最中、僕は最初から最後まで目を瞑っていた。彼女はそれをいたく悲しんだ。当然のことだと僕は思う。僕が彼女の立場であっても、同じように悲しむだろう。市場に人々は流入し続け、いつまで経っても流出することがない。押し寄せる人波に潰されて、小さな子どもが泣き出した。母親は額の汗を拭いながら、子どもの頬を打った。子どもはいつまでも泣きやまない。数種類のスパイスが入った汁を売る屋台は非合法の武器屋としてマフィアたちの間で知られている。店員の目が通りを鋭く睨みつける。あとどれくらい歩けば、僕はこの市場を抜けられるのだろう。恋人は待ちくたびれて、きっと今頃ほかの男と寝ているだろう。その男は屈強な筋肉で彼女の体を支え、目を瞑ることなく彼女のありとあらゆる器官をその目に焼き付けることだろう。そうして男が射精に至った瞬間、僕は市場を抜け出して走り出すのだ。この島国を腐敗させた国王を暗殺するために。

この世で最も強い人間

過ごしやすい夜、と僕が言う時、それは厳しい冬の夜をやり過ごした先に迎えた春に対する歓待の気持ちが含まれている。公園を散歩する。真夜中に大きな公園を散歩する。都市の中枢に突如として現れた、そこだけ太古の時代にタイムスリップしたかのような公園を歩く。終電間際の駅から疲れ切った表情の人々が歩いてくる。池のそばのベンチで恋人同士が語り合う。ホームレスの老人は表情のない顔で行く宛もなく彷徨う。僕は缶ビールを片手に歩く。僕だって同じだ。行く宛などない。すれ違ったホームレスの老人が自分の未来の姿ではないなどと、どこの誰が断言できるだろう? 野球場の照明は落ちている。僕は一塁側のベンチに座って、缶ビールを飲む。暗闇に目が慣れてくると、三塁側に誰か人がいるのがわかる。僕は一瞬ドキッとするが、その人影はじっとベンチに寝転がったまま、動かない。きっと向こうも驚いているのだろう。僕が彼の、暗闇との調和を破ってしまったのだ。ピッチャーマウンドまで歩いてみる。スニーカーが砂利を踏む音がバックネット裏まで響く。アルコールの酔いが僕を大胆にさせている。三塁側のベンチで寝転んだ人影は、死体のように動かない。

 

近所に大きな公園と大きな図書館がある今のアパートに引っ越してきて2か月になる。窓の外は大学のキャンパスと隣り合っていて、ほとんど人が訪れることのない最端のサークル棟だから静かでいい。時折、夜になると警備員が見回りにやってくる。僕はそれをベランダからぼうっと見ている。警備員は建物の柱に掛けられたなにか(なにかはよくわからない。鍵のようなものか?)に触れ、納得したように頷くと、帰っていく。野良猫が通りかかる。原付のエンジンの音が切れる。どこからか微かに煙草のにおいがする。僕は過ごしやすい夜に、ベランダで一人、この先の人生について考える。答えが出たことはいまだかつてない。それでも考える。考えざるを得ない。考えないことが幸せだとは限らない。考えることは不幸につながりやすい。考えない人間はいない。考えない人間がいるのだとしたら、それはこの世で最も強い人間だということになる。無敵になることができる。考えないことによって、無敵になれる。

 

f:id:dahoyama:20170624115623j:plain

祈り、ビートに乗せられた

 

 

人人人 平和音楽 笑い顔 ミサイル発射 ニュース速報

 

灼熱の太陽が管楽器の音にかき消されるようでいて、肌には確かに熱が残った。分刻みで赤くなっていく腕に羽虫がとまる。腕時計をした部分は生白いまま取り残された過去の記憶のように、あまりにも僕自身である気がして胸の辺りがむかむかとしてくる。手足がしびれる。熱中症の予兆。酒を呷ってもそのしびれは収まらない。

 

燃える皮膚 冷えてく目玉 どうするの? あなたの声で 目覚める眠り

 

ビートに合わせて人々は踊る。僕も自然と体を動かしている。音楽の祭典は高揚感によって酔わせる、人々を、普段からまとわりついてくる不安や焦燥を排除するための音楽であり、それは強制的に行なわれる。言葉が酩酊してくる。それはビートのせいであり、メロディのせいであり、アジテーションのせいでもある。髪の長い男がマイクに向け叫んだ。人々は拳を突き上げた。

 

ハウリング すぐ目の前の 見知らぬ娘 白いうなじを 切り裂けたなら

 

人口密度が高い。女の匂いがする。髪をかきあげた女のうなじにタトゥーが見える。男は首筋に汗をかいている。空は青すぎる青さでその中を鳶が飛んでいる。嘘みたいに、ゆっくりと。僕は時折ステージから目を外して、空を見上げる。俺はいったい何をしているんだ? ふと我に返る瞬間が、熱狂の最中に突如として生起する。僕はステージに再び目を戻す。サングラスをかけた男がマイクに向け叫んだ。人々は拳を突き上げた。

 

 

f:id:dahoyama:20170618113959j:plain

「勉強の哲学」についての感想ではない何か

言葉それ自体を玩具のように使って遊ぶこと。ハロー、ハロー、これは感想のようでいて感想でない、しかし感じること想うことそれ自体を僕は体内から取り出し、放擲して土の中に埋める。やがてそれは雨を吸い取り芽吹いた。僕はユーモアを用いて目的を喪失する。どこへ向かっていたのかわからなくなる感覚が、やがて快楽へと変貌するさまを、見ているのは僕ではない誰かのような気もする。3つのステップ、来たるべきバカになるためのスリー・ステップ・ダンスを踊れ。57577というのはつまり音のダンスだ。ビートだ。しかし居合いでもある。セックスでもあるし、デモでもある。デモでもさ/ビートでもいい/君だけは/セックスそして/ダンスを踊れ 禅の教えはこう説いた。山は山である。否、山は山ではない。ところが最後には結局のところ山が山であることを肯定する。それが悟りの境地であると道元禅師は言った。実際には言っていないが、かつて道元禅師だった800年前の僕がそれを言った。器官なき言語、言葉から意味を剥ぎ取って残されたものを玩具として扱い、壊してしまった僕を母親は叱った。モノクロの映像の中で泣いている僕は、悲しいから泣いているのではない。おもちゃを取り上げられた僕はシニフィエシニフィアンの関係性から置き去りにされた過去を持つ、精神の屍となって新たなる誕生の機会を得た。コードからコードへ、ノリから脱皮してまだ見ぬノリへ飛び込んでいく。グルーヴは別のグルーヴを追い求めて森の中をさまよった。クワス算の思考実験を漫才に取り入れた漫才師は、その世界で頂点を極めた。それは言うなれば裏切りを正当化する技術だった。裏切りによって生まれる享楽を、彼らは言語へと翻訳した。市井の言語へと。統合失調症の患者はこの世界全体のノリから逸脱している。彼らには彼らなりのノリが存在していて、僕たちはそれを未だかつて経験したことがない。壁がある。ノリからノリへの移行は壁を壊すことではなく、壁をすり抜けることであると解釈した僕は、半透明の体になって唾液を垂れ流しにした。僕には見えている。他人からは見えない。センチメンタルな気分になる。そんなものに意味はないよと誰かが呟いた。僕は聞こえないふりをした。来たるべきバカはまるでステルス戦闘機のようにいつの間にかパーソナルな領域に侵入して、僕たちを魅了する。僕は千葉雅也だ、と僕は言うことができる。同時に、僕は千葉雅也ではないと言うこともできる。彼はそれを器官なき言語として受け取る。ハロー、ハロー、音声の届く範囲は自ずから有限化されている。音の震えが空気を通して拡がっていく時、もはやその言葉は意味を失っている。いや、そうじゃない。「その言葉を発した僕が失われている」という言い方のほうが正しい。僕はラインハルト・ハイドリヒだ、と僕は言うことができる。あるいは、マサチューセッツ州では13人の半魚人がメイプルシロップ工場を経営している、と言うことだってできる。僕は語るべき言葉を持たないものについて、語ることはできない。そのことに対して自覚的であるかどうかは、深く勉強することによって身につくものだと信じ込んでいるフシがあるが、果たしてどうであるか見当がつかない。言語の他者性が僕の隣を歩いている。僕たちは並んで歩いているが、永久に交わることがない。それが平行という概念だ。ボウリングの球は振り下ろした段階で既に瑕疵を含んでいる。遙か先の宇宙空間へ飛んでいった13ポンドの球は目的の惑星に到着できない。人類の存続をかけたプロジェクトが失敗に終わったことで、人々はいたく悲しんだ。来たるべきバカだけがそれを知っていた。悲劇ではなく喜劇として語り継がれることになるその顛末こそが、深く勉強をした者にだけ訪れるアイロニーだった。アマ・モードの言語である僕の語りには価値がない。経済合理性を持たない僕の語りは世の中から無視される。労働の対価として得られる賃金を生きることそのものに充当する、そんなのは間違いだ!と駅前で叫んだ僕を見知らぬ人々が奇異の視線で眺める。繰り返す、これは訓練ではない。感想でもなければ、批評でもない。これはただひとえに、僕の千葉雅也に対する親愛の表れだ。言葉を玩具のように使って遊ぶこと。僕は自慰行為を覚えた猿のようにそれを止めることができない。変身する。昨日の僕は今日の僕ではなくなっている。時にそれは友人や家族を驚かせる結果になる。それでも僕は変身を続ける。昨日なんてもったいぶらず、数時間前、あるいは数分前の僕から、僕ではない僕へと変身する。何によって? 勉強によって。深く勉強することによって。来たるべきバカになれ。やがて到来する未知に対して、ステルス戦闘機のように。

英才教育 時計 キャンディ

 間違いなくトニーは英才教育を受けたはずだった。それにもかかわらず、彼が彼女の舌を切り取って警察に捕まり牢屋に入れられたことを母親はいたく悲しんだ。そのように育てたつもりはない、と母親は面会室で叫んだ。取り乱す母親を見て、トニーは微笑んだ。「母さんがスーパーマーケットでアスパラガスを万引きしたところを見たことがあるよ。たしか5歳くらいの頃だったと思う」同席した刑務官が顔をしかめた。母親は顔を真赤にして、言葉に詰まった。それは紛れもない事実だった。刑務所で彼は来る日も来る日も、彼女の舌から吹き出る赤い血のことを思い浮かべた。毎日夢にも見た。同室の中国系三世の青年の肩には青いバラのタトゥーが入っていた。トニーは毎朝その青いバラに接吻をした。はじめは冗談だったものが、次第に欠かせない日課になった。青年はそのことで性的興奮を覚えたが、トニーは違った。時計が正午を指すと、場内にけたたましいベルが鳴る。昼食の時間だ。トニーは刑務所に入ってから髪を短く刈り込んだ。元々の頭の形がよかったからか、よく似合った。中国系三世の青年は若い囚人たちのリーダーである大男に性的な暴力を受けていた。トニーは見て見ぬふりをした。白身魚のスープに、引きちぎられたカエルの足が投げ入れられた。周囲の数人が笑った。青年はしばらくそれを見つめた後、スプーンで掬って口に入れた。そうしなければ、後でもっとひどい目にあうからだ。笑い声はさらに大きくなった。青年は鼻をつまみ、一息にカエルの足を飲み込んだ。外交官の父は四カ国語を話した。母はオックスフォード大学に勤める著名な生物学者だった。トニーは完璧な子どもだった。両親の手を煩わせたことなど、今まで一度もなかったはずだった。彼女の舌を切り落としたのはトニーがあることに気付いたからだった。「ボール、そっちに行ったぞ!」中国系三世の青年は名をエドワード・クワンといった。瞼の上に深い傷があった。いつも青ざめたような顔をしていた。昼食後の運動で若い男たちは日頃抱え込んだやり場のなさをひたすらぶつけるように走り、球を蹴った。ほとんど空気の抜けたボールは楕円形に歪んで、長いこと空中で弧を描いていたように思えた。太陽の光とボールが同期した時、トニーの目の前に赤い血しぶきが現れた。トニーはそれを手で払った。血しぶきはすぐに消えた。明日は父が面会に来るのだという。トニーが刑務所に入ってすぐ、彼らは離婚した。2人とも口を揃えてトニーのせいではないと言ったし、実際そうなのかもしれないとトニーは思った。「お前は何をやらかしたんだ?」先輩の囚人から必ず聞かれる質問に、トニーは素直に答えた。「恋人の舌を切り落としたんです」トニーは気付いてしまったのだ。この女は、俺をコントロールしようとしている。俺を子宮の中に逆戻りさせようとしている。だから彼は彼女の舌を切った。裁ちバサミで、厚手の布を切るように。空気の抜けたサッカーボールは熟れた果実のように柔らかかった。太陽の光を切り抜けて、やがて地面に落ちようとするボールを、トニーは目で追った。すると目の前を何かの粒が落下した。トニーは頭上を見上げ、それから、地面に落ちた小さな粒を拾った。キャンディだった。どうやら壁の向こう側から投げ入れられたらしい。いったい誰が? わからなかった。トニーは監視役の刑務官に見つからないように、包装紙を剥いてそれを素早く口に含んだ。ミルクとハッカの入り混じった味がした。まだ壁の内部に来る前、遠い昔に食べたことのある味だった。

マム、パパ、

 

 

不快、近い 鬱陶しいな 君の距離 眼鏡の上の 極小の蜘蛛

 

 

ロラン・バルト『喪の日記』。最愛の母アンリエットの死に際し、バルトが書き記した喪の作業について。僕は否応なくそれを自分の父に重ね合わせる。父はまだ死んでいない。しかしそれは近い将来の出来事として、宿命付けられている。それが病気というもののもたらす間接的な効用だ。負の効用といってもいい。そもそも病気に正の効用などがあれば、の話だけれど。

 

5月10日

この数夜は、マムが病気で苦しんでいるイマージュ――悪夢をみる。はげしい恐怖。

起こってしまったことへの恐怖に苦しむ。

ウィニコットを参照のこと。起こってしまった崩壊への恐怖。

 

普通、恐怖という感情はこれから起こるであろうことに対して発動する。ただ起こってしまったことに対する恐怖というのは、感覚のディレイだ。逆行でもなく、錯誤でもなく、遅延だ。ウィニコットは次のように言っている。

 

過去に起こったのは現象としての死であるが、確認できるような事実として起こったのではない。自殺によって解決を見つけられないだろうかと考えて人生を送る人は多いが、それは、精神にすでに起こってしまった死を身体にもたらすということなのである。自殺は答えではなく絶望の身ぶりなのである

 

父は末期がんで平均余命が11か月から13か月といわれている。約束されたその時点へ向けて、彼はいま精神と身体をゆっくりと近づけていっている。それは想像を絶する、残酷な作業であるはずだ。もはや人間の域を超えているとすら思う。神や仏のたぐいのような。

 

 

黙ってる 鉛筆にぎる 汗にじむ あのままどこか 逃げたかったのに

 

 

昔のことを思い出す。父との関係性について。10代の頃、大喧嘩をして1か月近く口をきかなかった期間があった。それ以降の僕に対する父の態度は決定的に変わってしまったのだと、最近になって感じる。あれは親子としての関係性を無理矢理に引き剥がして、他人のそれへと放擲する禁断の行為だった。父は死にかけている。もちろん、僕だって死にかけている。しかしそれらは同等の意味をなさない。科学技術の発展がもたらした故の、喪の前段階に父はいる。

 

 

やだやだやだ やだやだやだやだ やだやだやだ やだやだやだやだ 子どももおとなも

 

 

f:id:dahoyama:20170503145440j:plain

シマウマ柄のシャワーカーテン

 

 

日曜日 夜、耳にした 声、ラジオ けっきょく今も わからないまま

 

 

変わらないことのよさみたいなものが重要視される風潮の中にあって、あえて変わっていくことの美しさについて思いを巡らせてみると、常に変わっていくこと、カラフルに、柔らかく、脱皮を繰り返すこと、それは軸がぶれているだとか、信念がないだとか、そういうたぐいの聞き飽きた陳腐な、月並みなクリシェを一蹴するための劇的な変貌であることが求められるが、しかし、第三者としての視点がそれに気付くことは決してない。あくまでも己の肉体、魂、そこのにみにて輝く変化(へんげ)の陶酔であり、むしろ、そのようにあるだけでいい。そこに他者の視点は介在しない。

 

常に柔らかく、カラフルに変貌していくことは自分自身に対して「さようなら」と「はじめまして」を繰り返すことだ。さようならは苦しい。はじめましてはしんどい。ところが月の裏側においてさようならは、心地いい。はじめましては、気持ちいい。総じて月に表も裏もない、と悟ることで我々は変化を通じて認知を超越する。過去の認知を脱ぎ捨てて蝶になる。でもそれは夢だ。胡蝶の夢を見た荘子と同じ、ひらひらと舞う蝶は自分であり、同時に蝶は蝶であるという覚めた意識を並列させながら、ただし、夢は一瞬の愉悦であり、まばたきの瞬間には再び繭に戻っている。はじめまして、と僕は言う。さようなら、と僕は言われる。

 

 

海の底 ゆらり寝ぼけた 宵の淵 ドアを開けたら 見てたシマウマ

 

 

f:id:dahoyama:20170502000448j:plain